あなたのお子さんのやる気スイッチの場所、わかりますか?

見当違いのところを探していませんか?

どうやったらそのスイッチが見つかるのか、一緒に考えてみましょう!

 

 

やる気スイッチは子どものどこについてる?

 

残念ですが、やる気スイッチは、私達親には見つからないところについています。

ですから、子ども自身が自分でそれをつけるのを待つしかありません。

私も何度となく、子ども達のやる気スイッチを探してきました。

でも、ただのひとつも見つかりはしませんでした。

 

 

①息子の読書について

 

うちの高1の息子は、今まで、本を読むということを全くしませんでした。

小学校や中学校を通して。

少し位は読むだろうと思いきや、教科書以外は全く読まなかったのです。

私が子どものころは、そこまでたくさんは読まなかったにしても、「トム・ソーヤー」やら、「モモ」やら、いろいろな本を楽しんで読んだものです。

 

しかし、息子は全く興味がありません。

このままでは、語彙能力にも関わってくるだろうし、心配でした。

 

何とか本を読んで欲しいと思い、彼が小学生の頃、何度となくブックオフに連れていき、面白そうな本を選んで、買ってあげました。

 

 

まあ、でも、全く読みませんでしたね!

今思えば、その本たち、彼にとってはクソつまらなかったのだと思います。

 

 

で、今彼がどうなったかと言えば、高校に入り、「オレ、図書委員に入りたい」と言い出しました。

 

 

は?

 

図書委員?

 

 

学校の図書館で、本を整理する活動。

 

 

お前が!?

 

 

 

そうなんです。

あれだけゲームやマンガが好きだった彼が、今、どハマリなのが、

 

「ライトノベル」

略して

「ラノベ」

 

 

もう、面白くてしょうがないらしいんです。

なので、図書委員になって、空いた時間に図書館で、集中して読みたいのだと。

家はうるさくて集中できないんだと。

 

 

「ライトノベル」とは、10代の少年少女が対象として書かれたもので、挿絵がたくさんある本です。

 

 

そして彼が今はまっているのが

 

 

「ありふれた職業で世界最強」

 

 

寸暇を惜しんで読んでいます。

あんなに本嫌いだった奴が…

 

 

私が必死に探してきた、読書のやる気スイッチが、ついについた…!

しかも、皮肉なことに、私が着けた訳では全くなかった!

 

 

②娘の登校拒否について

 

中2の娘は今、絶賛登校拒否中です。

今年の1月から行っていません。

クラスの女子との人間関係に疲れて、行かない選択をしました。

勉強も遅れに遅れています。

でも家にいても、何もせずにいました。

勉強はどんどん、どんどん遅れています。

でも、どうしようもない。

 

 

それがどうでしょう。

何がどうなったのか、今、自分で必死に勉強しています。

 

 

何事かと、思うじゃないですか!?

 

 

「スクールカウンセラーになりたい」

 

と言い出したんです。

 

家にいて悶々と悩んでいるうちに、もしかしたら自分なら、将来、同じ不登校で悩む若者の役に立てるんじゃないかと考えたのです。

そして、自分なりにどうやったらスクールカウンセラーになれるのかを調べたら、なるには結構難しいんだと分かり、彼女の勉強が始まったのです。

 

まだ、それを乗り越えた訳ではない、絶賛不登校中の子が言い出したのも興味深いですが、それを機に勉強を始めたのも、すごいなと思いました。

 

 

 

こうなってくると、「親」ではないんですね。

やる気スイッチを入れるのは。

もう、知らない間にロックオンしている。

 

親は何もできないの?

 

そうです。

子どものやる気スイッチを入れたいと思っても、親ができることは、何もないんですね。

子どもが自分で押すのを待つしかないんです。

 

 

親というものは、自分の期待と要求を子どもに与えがちです。

子どものためといいながら、勉強を押し付けたり、習い事に行かせたり。

スポーツをやらせたり。

 

 

「でも、子どもがやりたいって言ったから」

 

 

と聞こえてきそうです。

 

 

うちの息子が4年生の頃、私は彼に、空手を始めさせました。

なぜなら、丈夫な体を作ってほしかったからです。

あとは、空手をやれば、将来女の子にモテるんではないかと思ったのです。

で、彼の仲良しの子が通っている空手教室に連れて行きました。

そして体験してもらいました。

楽しそうにしていたので、

 

 

「やる?」

 

と聞いたら

 

「やる」

 

というので、空手教室通いが始まった訳です。

 

 

でも、毎回空手の時間になると、ほんとに憂鬱になっちゃう息子。

連れて行くのが大変で、半ば強制連行でした。

 

 

ある時彼が爆発しました。

 

 

「行きたくない!

 

オレは人にやったりやられたりは嫌なんだ!」

 

ここで私。

 

「だって、自分がやりたいって言ったじゃん!!」

 

ここで息子。

 

「だって、お母さんがやれって言ったから!」

 

 

 

そうなんです。

確かに息子はやりたいと言いましたが、無理してたんですね。

親の要求に応えようとして。

 

 

何かにつけ、なかなかやる気のでないあなたのお子さん。

お子さんは、目の前のことを望んでいますか?

もしかしたら、それをやってほしいと思っているのは、親のあなただけかもしれませんよ。

 

 

子どもは、本当にやりたいと思ったら、誰に何を言われなくても、自分からやるんですよ。

自分から見つけてくるんです。

 

子どもの本心に任せればいい?

 

そうです。

お子さんの人生は、お子さんが決めます。

あなたの期待はひとまず置いておいて、お子さんが本当は何が好きなのか、それが出て来るまで見守りましょう。

 

 

うちの息子は、こちらの

スポーツマンになってほしい

読書をしてほしい

という期待に、全力で裏切って、今はアニメオタクになっています。

でも、すごいんです、彼の情熱。

彼は、あるマンガを、本気に一途に愛しており、ツイッターで、そのアニメを宣伝しまくっているのです。

で、その息子のことに気が付いた、そのマンガの作者が、彼に「いつも拡散してくれてありがとう」とお礼を言ってくれたのです。

それ以来、彼は作者と、いろいろやり取りをしているらしいんです。

 

 

私は彼に、アニメオタクになってほしいと、一度たりとも思った事はありません。

でも気が付いたら、こうして作者とつながったり、そのマンガの舞台の土地柄を調べたり…。

 

興味の横展開がはじまったのです。

 

ここまでいくと、スゴイ!

とことん極めろ!

がんばれ!

と思っちゃいます。

 

 

もう、子どもの本心に任せるのが、一番いいんですよね!

子どもはあなたの期待のはけ口ではないんです。

子どもの人生は、子どもが決めるもの。

たとえあなたの期待とは程遠かったとしても。

子どもは、自分の人生について、本当に良く考えているのですから!

 

まとめ

 

子どものやる気スイッチは、親には見つかりません。

お子さんしか知りません。

なので、お子さんが着けるのを、忍耐強く待ちましょう。

いつか必ず、思いがけない花が開きますよ!

アキ

山に囲まれた田舎での暮らしをしながら、3人の子育てをしています。”ママの元気が地球を救う”がモットーです。元気にゆるゆると発信していきます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です