小さなお子さんのママが働くって、毎日が戦場。

時間との戦いです。

少しでも楽になるような方法をお伝えします。

 

 

 

働くママのタイムスケジュールは?

 

フルタイムで働くママ、毎日お疲れ様です!

大変でしょう!

 

なんでこんなにバタバタするかなあ?

何とか、うまく回していけないかなあ?

って悩みますよね。

 

私は、子どもが2人になった時はパートタイムに変えたのですが、息子が10ヶ月の頃はフルタイムでした。

 

それはそれはカオスでした。

 

当時の私の1日のスケジュールを参考までに書いてみます。

 

6:00 起床
夜洗った洗濯物をベランダへ。
朝食・弁当(夫婦)作り。自分はスタンディングで朝食。

7:00 息子を起こして朝食を食べさせる

8:00 出発。保育園へ

8:30 保育園から職場へ

9:00〜17:00 仕事

17:30 保育園お迎え

18:00 帰宅
洗濯物の取り込みとたたみ。
今日の分の洗濯。ハンガーに干す。 夕食準備の間、子どもにテレビを見せる

19:00 夕食、片付け

20:00 風呂

21:00 寝かしつけ、一緒に寝てしまうので、途中で起きて食器片付け

23:00 就寝

 

 

こうやって書くとなんか平和なんですが、実際は実にカオスでした。

夫は毎晩残業で遅くに帰宅。

完璧にワンオペでしたので。

このスケジュールには書かれていませんが、実際は夜中の授乳もありますので、まとまった睡眠は取れていません。

 

まずは起床。

起床と共に、前の晩に洗濯し、洗濯バサミに干していたものをベランダに吊るします。

 

それから朝食とお弁当の準備。

息子は泣くと手が取られるので、ギリギリまで起こしません。

起きたら朝食を食べさせて、出る用意。

 

ここからがカオス。

 

余裕を持って出られる時はまれ。

超バタバタ。

 

家から駅まで離れていたため、車通勤の私が、保育園に行く前に夫を駅まで送り、それから保育園へ、って形でしたが、いつも用意に時間がかかり、遅刻ギリギリ。

 

「早くしろ!」と、何度夫に怒鳴ったか分かりません。

 

この頃夫はまだ、子どもの世話に慣れていなくて、何をやるにも時間がかかっていました。

でもゆっくりやっていたら、間に合わない!

教育的指導の名の元に、何度となく怒鳴り散らしていた私。

それだけ大変だったのです。

 

 

仕事が終わったらお迎え。

駐車場は、団地から歩いて1分だったのですが、息子がとことこ歩きたがり、駐車場から家まで1時間かかる時もあり、さすがに泣けてきました。

でも無理に連れて帰ると、もっと大変なので、じっと我慢。

急がば回れ。

 

 

帰宅したら、テレビのスイッチを入れて息子の相手をさせる。

その間に布オムツと他の洗濯物を洗い、物干しに干す。

そして夕食の準備とオフロ。

 

ほんのたまに夫が20時位に帰宅すると、子どもが興奮して眠らないのです。

なので、20時前に帰れるならウェルカム。

過ぎるなら、子どもが寝るまで帰ってくるな、と、だいぶ理不尽な事を言っていたもんです。

 

 

思えば私はあの時毎日が戦争で、角が2本生えていました。

でも、その位大変だったのです。

働くママって、悩みが沢山あるのですよ。

 

 

働くママの悩みトップ3は?

 

働くママの悩みで、最も多いものを上げてみましょう。

 

①1日バタバタ過ぎて、忙しすぎる。
何とかならないのか?

②子どもと離れて働く罪悪感。

③お金より時間を選んでパートにしたら、給料が減る。

保育園代を払ったらそれで給料がなくなる。

 

 

①1日バタバタ過ぎて、忙しすぎる。
何とかならないのか?

これは、ワンオペでやっているママ、誰もが持つ悩みです。

何とか家事をうまくこなして、余裕を持って進めたいが、そうできない悩みです。

 

これについての改善策は、ズバリ、先手仕事をすることです。

特に食事作りの先手仕事をしておけば、かなり楽になります。

 

●週末にまとめておかずを作り、冷凍しておく。

弁当のおかず用には、弁当用カップに小分けして冷凍庫へ。

何種類か作り置きしておき、朝はそれらを数種類弁当箱につめて、自然解凍。

朝は米だけ炊いて詰めるだけ。

 

これらのストックは、私にとり、宝物でした。

朝に1から弁当のおかずを作っていたら、完璧間に合いませんよ!

 

●調理に鍋帽子を使う。

朝のうちに、鍋に味噌汁、豚汁、カレー具材などを仕込んで、5分間沸騰させたものを、バスタオルでくるみ、保温しておく。

帰宅した頃にはやわらかくなっている。

 

私はこれに加え、「野菜の皮はむかない」事をしました。

皮には栄養がたくさん詰まっているし、皮をむく作業もなくなります。

ちょっとでも時間短縮です。

 

●洗濯物は夜洗う。

朝やったら間に合わない!

夜、洗濯物干しに干していたものを、朝、ベランダに吊るす。

 

②子どもと離れて働く罪悪感

これは、小さな子どもを育てているママにとり、とても大きな悩みです。

子どもが一番かわいい時期に、一緒にいられない辛さ。

本当にそこまでして働かなくてはならないのか、揺るいできます。

 

でも、みなそれぞれ、働く理由があって働いているので、罪悪感を持つ必要はないのですよ。

 

私の育休が開ける直前、行きつけのスーパーのおばちゃんと話していた時のこと。

おばちゃんが息子に向かって言いました。

「こんなかわいい僕を置いて、仕事になんて行かないで、って言いなさい!」

 

 

また、実の姉に言われました。

「一番かわいい時に働かなくてもいいんじゃない?

私だったら小学校入るまで待つなあ。」

 

 

心から腹が立ちましたよ。

余計なお世話だよ、って。

ただでさえ、自分だって迷っているんだ。

傷口に塩を塗らないて!って。

 

 

日本には働くママに対して、抵抗勢力がまだまだあるんですよね。

でも、働く事に罪悪感を持つ必要は全くありません。

キャリアアップを希望するママがいてもいいし、働く事が好きなママもいます。

私は、家で悶々と子育てするよりは、気分転換に外に出たかったので、働くことは有り難かったです。

 

③お金より時間を選んでパートにしたら、給料が減る。

特に、子どもが0歳児の時の保育料はとても高いです。

そして、子どもの世話をするために時短で働くと、給料も減ります。

私の給料から保育料を差し引くと、いくらも残りませんでした。

子どもが大きくなるにつれて、保育料は安くなりますが。

自分の働き先をキープするためには、こういう、苦しい時期があるんですよね。

一体何のために働いているんだろう、と悲しくなります。

 

でも少しづつ、負担は軽くなりますので、今の仕事をキープしたければ我慢!

 

 

それでは、肝心の子どもたちにとって、働くママと、家にいるママ、どちらが大事なんでしょうか?

 

 

働くママと専業主婦。子どもにはどちらが大事?

 

どちらも大事です。

どちらでもいいんです。

ママの選択ですから。

 

ママがずっと子どもといたければ、それでもいい。

 

働きたければそれもいい。

家の中でストレスをためる位なら、外に行ったほうがいい。

 

働きたくないのに、働かざるを得ないママは、それはそれであきらめて、楽しく生活出来るようにポジティブシンキングでいて下さい。

 

子どもは順応性が高いし、どこでも生きていけます。

大事なのは、ママが自分の選択にポジティブでいる事です。

 

ママが輝いていれば、子どもだって嬉しいはずですから!

 

まとめ

 

働くママって、子どもが小さいうちは、本当に大変です。

私、思います。

あの時、めっちゃ大変だったけど、でも充実してたなあ、って。

懐かしい思い出です。

夜はたくさん寝て、ゆっくり休んで、頑張って下さい!

心からエールを送ります!

アキ

山に囲まれた田舎での暮らしをしながら、3人の子育てをしています。”ママの元気が地球を救う”がモットーです。元気にゆるゆると発信していきます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です