子育てストレスの発散どうしてる?ママはわがままでいい?

自分が望んで子どもを作ったのに、いざ子育てをしてみると、辛くて仕方がない。

子どもはこんなにかわいいけれど、自分の時間は全然ないし、逃げ出したいよ。

 

辛すぎて笑えないママへ、ひとつ提案します。

少しだけでも、自分のための時間を作りませんか?

楽になりますよ!

 

 

子育てストレスの発散方法は?

 

子育てストレスの発散方法は、わずかでもいいから、自分のためだけの時間を作ることです。

子どもの為に自分を犠牲にしすぎないようにしましょう。

子どものために全てを投げ出してしまうから、頑張りすぎて辛いのです。

 

 

乳幼児を育てていると、自分の時間が全くなくて本当に辛いですよね。

私も3人の子ども達が乳幼児だった時、ストレスがMax。

夫はいつもいないし、辛すぎて、毎日家出を企てていました。

同じ目に夫にもあわせてやろうと思っていました。

円形脱毛症が3つもできていました。

頭はぼさぼさ、シミにしわ。

自分の顔をゆっくり鏡で見るひまもありませんでした。

真ん中が魔の二歳児だったころ、毎日ギャン泣き。

夫に「愛情不足じゃない?」と言われた日には、怒りで震えるほどでした。

お前がいつもいないからだろ、って。

 

 

こんなに1秒たりとも自分の時間がなくなる位、子どもの為を思って動いているのにうまくいかない。

子育てが楽にならない。

頑張っちゃうんですよね。ママって。

ママは子どものためには、いつでも全力投球なんです。

でもだからこそ、辛くなるんですよね。

どこかに必ず逃げ道があるのに、完璧な母親業をしようと思うので、できない自分に腹が立ち、イライラしてしまうのです。

まわりのママ達がすごく見えて、落ち込みます。

自分だけ停滞しているような気分。

 

 

かつての私がそうでした。

子どもを産んだばかりの自分が、一足飛びに完璧なことができるはずはないのに、周りと比べて、「できない自分」が許せないのです。

もっとゆるゆると、少しづつママになっていけばいいのにね。

焦っていたのですよね。

 

 

私の上の子どもが2歳の時、お世話になっていた助産院を卒業していったママ達グループから、「ゴスペルを歌おう」と誘われた事がありました。

この助産院が何十周年かのお祝いを迎えるので、この助産院を卒業したママ達で、ゴスペルの歌をプレゼントしよう、という計画だったのです。

私は毎日鬱々とした子育ての毎日を過ごしていたので、気分転換だ!と思って、

二つ返事で参加を決めました。

週に1回の練習日が楽しみで仕方ありませんでした。

その時ばかりは化粧をしておしゃれをして、夫に子どもを預けて出掛けました。
気持ちよく歌うことでストレス発散できていたので、とっても楽しかったのです。

で、ある日、本番では親子で歌うか、ママ達だけで歌うか、どうしましょうか?という話になりました。

当然私は、ママ達だけでかっこよく歌いたいです、って言いました。

そうしたら、このゴスペルを仕切ってくれていたリーダーママが、

「いや、私達は子ども達のために歌っているのだから、親子で歌いましょう」と言いました。

 

「は?」

「なんでやねん!?」

 

一気に冷めました。楽しかった気持ちが。

私は、子ども達のために歌いたかったんじゃない。

自分のために歌いたかったんです。

なんで子ども達のための歌になっちゃうんですか?と。

こんなに頑張って、わずかな時間を楽しんでいるのに、なんでそれも子どもの為になっちゃうんですか、と。

心の中でちゃぶ台を返しました。

 

 

この出来事が、私のわがまま人生、いや、「わがママ」人生に火をつけることになったのです。

 

 

がんばって毎晩絵本を読んであげてた時期もありました。

でも、子どもって、読んでる途中から、さえぎりませんか?話を。

読んでるこっちは、途中でさえぎられると、順番通りにきれいに終わらないので、気持ち悪いんですよ。

どうせなら最初から最後まで、きっちり読みたいじゃないですか。

でも、毎晩必ずさえぎってくるんですよ。

もうめんどくさくなって、どうせわかんねーだろうと思って、しまいには、ページの最初の文章と最後の文章しか読んでませんでした。

 

 

がんばって、子ども達とたのしくクッキー作りをしようとしたこともありました。

でも、粉が散って床が汚れて、イライラするんですよ。

楽しいどころの話じゃない。

 

 

がんばって、子ども達とたのしく手芸をしようとしたこともありました。

でも、こちらが楽しくやっているのに、いちいち中断されるんですよ。

糸が切れた、だの、指を針で刺した、だの。

ほんとにめちゃくちゃさわがしい。

 

 

もう、やめたやめた!!

全部や~めた!

子どもと一緒に何かやるって、かえってストレス。

無理!

 

 

こうして私は子どもたちと遊ぶことをやめました。

子ども達と一緒に何かをするって、そのやり取りの中で、子ども独自の発見があったり、気づきがあったりするから楽しい訳じゃないですか。

ちゃんとやる事が目的じゃなくて、その中のやり取りに喜びがある訳じゃないですか。

でも、私はほんと、ダメなんです。

自分が好きなパン作りは、自分だけで楽しみたいんです。

自分が好きな手芸は、自分のストレス発散に、自分だけでやりたいんです。

 

なので、子ども達は子ども達で遊んでもらうようにしました。

自分は中に入っていかない。

徹底的に遊ばない。

お母さんは今、お母さんのやりたい事をやっている。

その姿を3人に見せつけ続けました。

 

 

それでも、それほど自分の時間はないですよ。

でもたとえ30分でもいいから、一心不乱にパンをこねたり、ちくちく縫物をしたりしてました。

育休の間は、どんだけパンを焼いたか分かりません。

自分の時間を、たとえわずかでもいいから、自分のために作ること。

それが、育児が辛くなりすぎることから逃げる方法だったのです。

だって、ママにだってやりたい事ってたくさんあるんですから。

 

そして、そんなママにとって、もうひとつ大事なもの。

それは、適度な運動です。

 

 

子育てストレスで体調不良。解決策は?

 

乳幼児、とくに赤ちゃんのママって、とにかく体調不良に悩まされます。

常に寝不足で頭は痛いし、胃のムカムカ、喉の違和感、うつ。

そりゃあそうですよね。

毎日自分を酷使しているのですから。

当たり前です。

本当にお疲れ様です。

 

 

私は、3番目が産まれたばかりのころは、熱がしょっちゅう出て、寝込んでいました。

母乳もあげていたので、体が疲れて、免疫力が低下していたのでしょうね。

その時ばかりは夫に仕事を休んでもらいました。

でもこの時が唯一、自分がゆっくり休める時間でした。

 

 

それから、とにかく毎日体がだるくてだるくて、どうしようもありませんでした。

立ちくらみがすごいし。

普通に立っていることすら、辛かったです。

歯磨きする時さえ、立っていられないのです。

 

 

かつてないほどの体調不良の毎日でした。

そのことを近所の友達に話すと、

これがいいんじゃない?と、ある一冊の本をくれました。

運命的な出会いでした。

 

「モムチャンダイエット」

 

これが私の体をものすごく変えることになったのです。

 

モムチャンダイエットとは、韓国の普通の専業主婦をしていたチョン・ダヨンさんが考えたダイエット方法。

筋トレとランニングを組合わせた運動法です。

チョン・ダヨンさんは、二人の子どもを育てながら、だらだら生きるだけの毎日を過ごしていました。

家事をするにもすべてがおっくうで、体はだるいし、結婚前からずいぶん増えたぜい肉で、体が重い。

ある時夫に体をけなされて、それで一念発起してダイエットを開始。

運動経験も全くない彼女が、ゼロから始めて、その後5年間の試行錯誤を繰り返して編み出したのが、この、モムチャンダイエット。

 

なんか、ピンときました。

これ、やってみよう、と思いました。

なぜなら、これをやってみた近所の友達が、めちゃくちゃ体力がついたと言っていたからです。

 

そして、やってみました。

私の体は、めちゃくちゃ元気になりました!

うわさは本当でした!

 

 

普通、脂肪を燃焼させるためにランニングをしますが、ランニングだけでは持久力しかつかないそうなんです。

でもランニングの前に、筋トレをする。

筋トレって、体力をつけるために、とても大事なんだそうです。

なので、ランニングの前に筋トレをやることにより、脂肪がより燃えやすくなるし、体力と持久力がついて、めっちゃ体にいいんです。

 

この運動法の何がいいって、家の中でできるからなんですよ。

ジムに行く必要もありません。

必要なものは、ダンベルか椅子くらい。

ダンベルなんて持ってないので、私は、みりんや醤油のビンを使っていました。

子ども達が小さくても、家の中で筋トレ30分。

そして15~30分のランニング。

子ども達が幼稚園になった頃には、30分位なら家をあけられたので、暇を見つけてはランニングしていました。

 

この運動を始めてからびっくりしたこと。

体力がついて、子ども達と遊べるようになったこと!

ジャングルジムもスイスイ。

走るのにも、体が軽い。

そして、ごはんがうまい!

もう、めちゃくちゃ元気になりましたよ。

長年の冷え性もなおりました。

 

 

な~んだ。

毎日毎日、全てがおっくうだったのは、体力がなかったからなんですね。

なので、モムチャン・ダイエット、とてもおすすめです。

赤ちゃんがいて、一人で外に出られないママは、家の中で筋トレしてから、子どもをベビーカーにのせて外でウオーキングしたら、かなりバッチリだと思いますよ!

ぜひともやってみて下さい!

毎日少しづつですが、続けたら必ず変わります。

そして、肌もピンとして、心身ともに元気になってきますよ。

 

 

ママには、ママの人生があるんですから、もっともっと元気になって楽しまないと!

 

ママにはママの人生がある

 

私には哲学があります。

ママだからって、自分を犠牲にして子どものために尽くさなくていい。

確かに自分を犠牲にする時もあるけれど、

ママだって、ママの人生を歩んでいいのです。

自分自身のための人生を。

 

 

ママがやりたい事を、思う存分、力の限りやるその背中を、子どもたちは見ている。

 

その背中から子ども達は、自分の人生をしっかり生きることを学んでいく。

 

ママがやりたい事を思いっきりやっている、そのキラキラした姿を見た子ども達は

 

自分の人生をしっかりと生きることを学んでいく。

 

そして同じようにキラキラしていく。

 

 

だから、ママがキラキラ輝く事が、子育て的にも本当に大事な事なんだと、私は思っています。

 

だから、ママには、やりたい事をやってほしい!

 

乳飲み子を抱えたママでも、いいんです。

やりたい事をやればいいんです。

少しでも休みたかったら、食事がテキトーになっちゃってもいいんです。

気分転換がしたかったら、寝る時間が少々遅くなったとしても、子連れでビールでも飲みに行ったっていいじゃないですか。

一日遅く寝たからって、死にはしません。

 

ひとりで外に遊びに行きたいから、その日は母乳があげられなくたって、いいじゃないですか。

ミルクを飲ませば。

 

 

固い事を言うのはもう、やめやめ!

ママがすっきり楽しい時間を過ごして帰ってくる、その方が大事です。

ママにはママの人生があるんですから。

頑張るのをやめましょうよ。

頑張らない生き方、しましょうよ。

 

頑張らない生き方とは、本音で生きるという事だと思います。

本音で生きるという事は、気持ちのままに生きるって事だと思います。

楽して生きる、って事ではなくて、やってみたいなと思ったら、心のブレーキを外して、まずやってみる。

やめたいな、と思ったら、勇気をもってやめる。

でも、それってあきらめるって事じゃないのかな?と疑問に思ったら、じゃあ、もすこし頑張ってみる。

 

でも、人間なので、やらなきゃならない事もあります。

嫌な仕事でも、生活するためにやらなくてはいけないし。

嫌だからといって、きっぱり辞めるのは難しいです。

 

でもそんな毎日だったとしても、たとえどんなに小さくても、ひとつくらいはやりたい事がありますよね?

その時間は全力で死守したいですよね。

自分自身を喜ばせてあげたいですよね。

 

やってみたいと思ったら、やっちゃう。

 

やってみちゃう。

 

違うな、と思ったら、手を抜く。

 

撤退する。

 

だってやりたくないから。

 

 

死なない程度に、飢えない程度に、やりたい事を選んでやる。

これが、自分なりの「頑張らない生き方」なんです。

 

これ、ママでもやっていいんです。

子どものために、自分の全てを犠牲にしなくてもいいんですよ。

無意識に犠牲にしているから、イライラするんですよ。

あなたは子どもを見てあげているだけで、十分がんばっています。

心のストッパーを外して、自分を許してあげましょうよ。

 

 

まとめ

 

子育てストレスで悩むママ。

本当はイライラせずに、かわいい子ども達と、楽しく過ごしたいですよね!

 

だから適度に自分のやりたい事をやって

適度に体を鍛えて

体の中にたまったイライラや、毒を出して

心身ともに軽くなっていきましょうよ。

子育てがより、楽しくなりますよ!

外遊びの幼児への影響は?成長に関わるって本当?

幼児にとって、外遊びは本当に大事。

大人が思う以上に、子ども達は外遊びからたくさんのものを吸収しています。

外遊びをしてきた子どもたちと

外遊びをしてこなかった子どもたちを

私は見てきました。

決定的な違いが、ここにあります。

 

 

外遊びの幼児への影響

 

幼児期の外遊びは、子ども達の体づくりにとって、とても大切です。

外で遊ぶことによって子ども達の体ができてくるので、できるだけ子ども達には外遊びの機会を作ってあげましょう。

 

コロナ旋風が巻き起こる昨今、お子さんを外で遊ばせるのも何かと心配な世の中になりました。

外で遊ぶとお友達と交わる機会も増えるので、考えちゃいますよね。

コロナになって欲しくない!

でも このまま家に閉じ込めていていいのだろうか?

コロナがなかったとしても、最近の子ども達はゲームに夢中で、外で遊ぶことも少なくなってきました。

 

こうした、家に閉じこもりがちな子ども達って、今後体に影響が出てくるのでしょうか?

答えは「イエス」です。

長期に渡って外遊びができなかったから、その影響が体に出てしまった子ども達がいます。

福島の子ども達です。

 

 

 

今から9年前、東北で東日本大震災が起こりました。

これによって福島原子力発電所の事故が起こり、大量の放射能がまき散らされました。

それから長期に渡る間、福島の子ども達は外遊びができなくなりました。

コロナの自粛は3か月くらいでしたが、この福島の子どもたちの戦いは、その家庭にもよりますが、実に、ここから数年にも及ぶことになったのです。

 

 

私は幼稚園のママ友と、この外遊びが出来なくなった子ども達とその親を、神奈川県に招待し、外遊びをさせる保養キャンプを、2012年から続けています。

そのキャンプを通して分かったこと。

それは、外遊びを禁じられてきた子ども達の体には、その影響が出ているという事でした。

 

 

私達が初めてキャンプを開催したのは2012年3月。

原発事故から1年後でした。

 

はじめて福島の子ども達と関わることになり、とても驚かされた事。

それは、子ども達の体がちょっとおかしいのです。

 

 

まず鼻血を出していました。

同室で5家族の福島の親子と過ごしていたのですが、夜中に子ども達が一斉に鼻血を出しました。

タラ~、ではなく、大量に。

 

それから、子ども達の肌が白いことが印象的でした。

1年間、外遊びできなかったので、日焼けすることもありませんでしたからね。

 

それから、平均感覚がおかしい。

何もない、坂道でもない平坦な道で、子ども達はよく転ぶのです。

つまづくものなんて、何もないところで。

足がもつれちゃうんですね。

 

それから、泥がつくと、パニックになる子どもがいました。

「早くとって!洗って!」と。

 

福島では泥が体につくと、ママ達が必死に洗うので、それが身についてしまっていたのです。

ママ達は、土や葉っぱなど、外にあるものを子ども達に触らせたくなかったのです。

放射能がくっついているので。

だから、少しでも何かが体につくと、鬼のように洗っていたのです。

 

 

福島の現実を思い知らされました。

 

それから、子ども達の平熱が35度代になっていると嘆くママ達もたくさんいました。

体を動かす機会が、極端に減ったからなんですよね。

事後直後は、夏でもインフルエンザが流行ったとも聞きました。

子ども達の免疫力が低くなっていたのですね。

 

 

好きな時に好きなだけ外で遊ぶ。

たったこれだけの事を抑制された子ども達に、

このような異変が起きていたのです。

 

外で太陽の光をあびて体を十分に動かすこと、やはり大切なんです。

 

外遊びの大切さ

 

外遊びは、子ども達の体力づくり、体づくりのために、とても大切です。

なぜなら、子ども達は外で自然やお天道様に触れながら体を作っていくからです。

 

 

 

我が家の子ども達は、少し変わった幼稚園に通っていました。

園舎がなく、毎日先生が運転するマイクロバスで移動して、いろいろな公園に行くのです。

 

 

春は池でおたまじゃくしすくい。

夏は川遊び。

秋は自分たちの畑でさつまいもの収穫をして、焚火で焼き芋。

冬は寒い中でも走り回ります。

 

暑い夏も、寒い冬も、雨の日以外は毎日外遊び。

 

でもはじめからそのスタイルに順応できた訳ではありませんでした。

幼稚園に入りたての年少さんたちは、冬の寒さの中で、泣く子もいます。

でも毎日毎日外で遊んでいると、子ども達の体はどんどん、どんどん順応していくのですね。

 

年長さんになってくると、みな、野生のサル化していきます。

木から落ちそうになっても、抜群の感覚で対応できるのです。

石がゴロゴロの河原を、はだしで駆け回る子もいました。

熱中症で倒れる子どももいませんでした。

冬から春、春から夏へと、お天道様と一緒に季節の移り変わりとともにいるので、うまく体も順応していったのですよね。

 

そうやって毎日外で自然に触れながら、太陽の光をあびながら育った私達の子ども達に比べ、ハンディを持っていたのは、やはり、福島の子ども達だったのです。

外遊びができなかった福島の子ども達

 

2014年の冬。

私達のキャンプに、いわきから参加してくれたママから聞いた話。

 

 

そのころ、福島の幼稚園では、子ども達は室内遊びを強いられていました。

そんな子ども達を不憫に思い、彼女の子ども達の幼稚園の園長先生は、一念発起して室内プールを作ってくれたそうです。

なんとか、子ども達に遊ばせたいと思い、努力を尽くしてくれたといいます。

でも、足りなかったんですね。

 

 

このまま子ども達を室内に閉じ込めておくわけにはいかない!

と親達が立ち上がりました。

自分たちで園庭を何度も何度も除染し、

やっとの思いで開催した幼稚園の運動会。

 

そこで親達は、子ども達の様子に愕然としたそうです。

 

年長さんの障害物競争での跳び箱。

お尻をついてしまう子や、顔から落ちる子が続出。

自分の体重を支えきれない程、腕の力が落ちていました。

逆上がりもなかなかできなかったといいます。

 

 

それから、福島県石川郡から参加してくれたママの話。

原発事故当時、そのママの娘は3歳、息子は生後10か月でした。

一日中子ども達を家に閉じ込める日々が続きました。

息子が3歳になるまで、草花や、石や砂に触ったことがなかったそうです。

 

 

震災から1年がたち、娘さんが幼稚園に上がるころ、子ども達は外に行きたいと言うこともなくなりました。

そのママは、外に行きたいとせがまれることもなくなったので、内心ほっとしていたそうです。

 

でもある時、子ども達がDVDを見ている姿を見て、ハッとしました。

テレビが面白い事を言っているのに、子ども達は無表情なんです。

 

 

まずい!

そう思って、県外の公園に連れて行きました。

「ここは何を触ってもいいんだよ」

と言っても、何も触ろうともせず、何もせずに車に戻っていく姿。

今でも忘れられないといいます。

 

 

キャンプを開始して3,4年は、滞在中に熱を出す子ども達がたくさんいました。

下痢や微熱が続いている子どもも。

本当に心配しました。

 

でも、幸か不幸か、今は学校生活も日常生活も普通通りになっているので、キャンプで体調を崩す子どもも減ってきました。

何もないところで転ぶ子どももいませんし、山登りやがけ登りもスイスイ。
大人のこちらが負けるくらいです。

やはり、外で遊ぶということは、子ども達の体にとって、本当に大事なんだと実感しています。

 

 

まとめ

 

 

子ども達の体を作るものは、外の自然とお天道様です。

そこから子ども達は筋肉、体幹、バランス感覚を鍛えていきます。
体が強くなっていきます。

なので、思いっきり外で発散させてあげましょう。

特別なものはなくても、子ども達はどんどん遊びを作り出していけます。

その笑顔で、こちらも本当に癒されますよ!