乳幼児の子育て中のママ達が、綺麗なママでいる事って難しいんでしょうか?

そうですね。厳しいですね。

ただ、今は厳しくても、あなたに時間的な余裕が出ておしゃれができるように

なったら、若い頃よりももっと、美しい女性になれます。

だから、楽しみにしていてください。

 

 

綺麗なママが羨ましい?

 

自分の顔すら鏡で見なくなった、小さなお子さんを子育て中のママ。

ついに自分もこんなおばちゃんになっちゃった・・・。

幼稚園や保育園には、化粧ばっちり、綺麗なママがいるのに、自分は毛玉のついたセーター。

トイプードルか何かですかね?

 

はっきり言って、綺麗なママ、羨ましいを通り越して、嫉妬しちゃいます。

同じ、小さな子どもを育てているのに、なんであの人はあんなに化粧ばっちりなんですかね?

ネイルを塗って乾かすその時間、どっから見つけてくるんですか?

 

なんすか?そのスカート。

 

なんすか?そのハイヒール。

 

もしかして、家事とかやってないんじゃないですか?

 

 

なんて、思わず悪態つきたくなりますよね。

自分はこんなにボロボロになり下がっちゃってるんですから。

子どもの世話がしやすいように、髪はばっさりおばさんカット。

眉毛ぼさぼさ。

下手したらひげが生えている。

すね毛も生えている。

目の下のクマ。

ほうれい線。

 

やばいよ、やばいよ、旦那から捨てられる。

って、ちらっと旦那を見ると、旦那も同じように劣化している。

腹出して、いびきかいて寝ている。

よかった。同レベルで。

これで、旦那がかっこいい人だったら、私は完璧捨てられるよ。

 

な~んて思いながら子育てしてるんですよね。

 

だいたい、自分がいつ、うんこしたかも覚えてないくらいなのに、化粧ができますか、っていうのよ。

もう、しょうがないのよ。

 

でも、同じ位の子どもを連れたママが、めちゃくちゃ綺麗だったりすると、

同じ人種に思えないんですよね。

 

でもね、綺麗なママはむかつくけどね、ほんとは綺麗なママになりたいのよ。

 

 

綺麗なママになりたい

 

大丈夫、綺麗なママになれます。

というか、なりましょう。

ただし、子ども達が小学校に上がったら。

今は時じゃない。じっと待て。

その代わり、中身を着々と作り上げていきましょう。

 

 

私の子ども達が乳幼児だったころ、私の愛用ブランドは、タカハシ。

安くてあったかくて動きやすいんです。

靴はスニーカーのみ。

 

だって、いります?

綺麗な服。

汚れちゃうじゃん。

(買うお金もないんだけど)

 

 

保育園のママ友3人と、めずらしく飲みに行くことになった日。

あまりにも服がなくて、3時間悩んだことがあります。

3時間悩んで、結局進化しなかった。

 

 

いやいや、無理ですよ~。

もうね、乳幼児のママの時代には、昔のような綺麗だった?頃の自分にはなれません。

 

でも大丈夫。

子ども達が小学生になったら、絶対に返り咲ける時代が戻ってきますから。

その時までに、今やらなきゃいけない事をやりましょう。

子ども達の世話を。

 

 

私が今しみじみ実感するのは、今までの人生の中で、今が一番楽しいってことです。

私は今、本能のままに生きています。

人に遠慮して言いたい事を言えない、弱い時代はとうに捨てました。

やりたい事をやって、言いたい事を言っています。

なぜそうなれたかっていうと、やっぱりそれは、子育てをしてきたからなんですよね。

弱かったら、子どもなんて守れませんから。

 

 

だから今は、あなたは命がけで子ども達をお世話する時です。

大丈夫。

あなたの子どもたちが小学校にあがって、あなたがおしゃれができるようになった頃、強くなって貫禄がついた内面が、外側とあわさって、何とも言えない、強くてかっこいい女性になれますよ。

 

 

子どもを守るママって、外側なんかじゃない。

芯から美しいものです。

 

美しい福島のママ達

 

私が思わず、ハッと見とれてしまったママのお話をしましょう。

福島のママ達です。

 

3.11に東日本大震災が起こり、福島原子力発電所の事故が起こりました。

大気中に放射能がまき散らされ、福島の子ども達は安心して外遊びができなくなりました。

 

私は2012年の3月から、子どもの幼稚園のママ友と、このような福島の親子を神奈川県に招待して、保養キャンプをする活動を続けています。

 

その第一回目のキャンプを行った、2012年3月。

今はもう、放射能の事なんか忘れられてしまっていますが、その頃の日本はまだ、緊急事態の空気がありました。

福島関連のニュースも、見ない日はありませんでした。

 

私達が死に物狂いで初めてのキャンプを準備して、ようやく迎えた初日。

私達が待っている宿泊施設に、福島から、チャーターした大型バスが到着しました。

 

緊張はMax。

いよいよ始まる。

 

 

バスから降りてきた福島のママ達も緊張。

命からがら逃げてきた感。

本当に、切迫した空気だったのです。

 

そんな福島のお母さんたちですが、日に日に緊張が解けていきました。

外遊びをさせられなかった子ども達が、こちらの大自然の中で走り回っている。

歓声をあげている。

その姿が、なによりもママ達のなぐさめになっていたのです。

 

 

そしてあの日、私が見た福島のママ達の美しさが忘れられないのです。

宿泊施設は森の中にありました。

福島のママ達が、森の中のベンチで談笑していました。

夕暮れ時です。

 

みんな、何とも言えないリラックスした顔をして笑っているのです。

 

穏やかに笑った笑顔が夕日に映し出されて、髪の毛が茶色に輝いていて、なんかもう、それが本当に美しかったのです。

 

一生懸命に生きてるんだな、という。

 

 

 

それから、4年前の夏。

夏のキャンプの最終日。

これからバスにのって福島に帰ります、っていうタイミング。

 

宿泊施設からバスに向かって歩く森の中。

あいにく雨が降ってきました。

せっかくの出発の日なのに、雨なんか降って、と思っていました。

 

 

私の少し前に、福島のママが歩いています。

私は急いで傘をもって入れてあげました。

そのママはこう言いました。

 

 

傘、いりません。

 

こうして雨にあたれるのは、ここしかないから。

 

気持ちいいんです。

 

 

そう言って、両腕をパーっと広げて、

顔を雨にむけて

目をつぶって

雨を感じていました。

 

 

福島の雨は放射能がついていますからね。

でもここの雨は違う。

 

 

私はその、なんかこう、悟ったような静かな横顔にハッとさせられて、

美しいな、って見とれてしまいました。

 

 

子ども達を必死で守るママ達は、涙で洗われてきた分、本当に美しいのです。

だから今、子育てを必死でしているあなたが、美しくないわけがありません。

自信を持って下さい!

 

 

まとめ

 

綺麗になりたい。

女性にとって、永遠の課題です。

いつでも前向きで、元気なママでいることが、美しさの秘訣です。

それが、化粧よりもなによりもまず、大事なものです。

 

だから今は、大変でも前向きに生きましょうよ。

大丈夫、すぐに自分の時間は戻ってきます。

その時は思いっきりおしゃれして、外に飛び出して行って下さいね!

アキ

山に囲まれた田舎での暮らしをしながら、3人の子育てをしています。”ママの元気が地球を救う”がモットーです。元気にゆるゆると発信していきます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です