子供が可愛く思えないママって、たくさんいると思います。

でもこれは、一時の感情。

自然な感情です。

それだけ子育てって大変だって事です。

だから、落ち込む事はありません。

みんなそうですから!

 

子供が可愛くないからいらない?

 

子育てが大変すぎて、子供が可愛くないと思ってしまう。

そういう事、ありませんか?

それは決して子供が憎いからではありません。

あなたがおかしい訳でもありません。

そのころのお母さんなら、自然な感情です。

そんな感情を持ってしまうのは、あなたの今の状況のせいです。

あなたが今、本当に大変で余裕がない時期にいるっていうだけの事なんです。

だから、あんまり自分を責めないでください。

 

 

子供が可愛く思えなくて、いらないと思った事?

もちろん、ありますよ!

毎日思っていました。

というか、自分が家出をしたいと、毎日毎日思っていました。

 

 

私には3人の子どもたちがいます。

夫は残業で毎晩午前様。

完全にワンオペ育児でした。

 

 

子どもが4歳、2歳、0歳の時が、一番辛かったです。

毎日、毎日、子どもに怒鳴っていました。

全然育児が楽しくない。

辛すぎて。

 

 

たまに夫が休みでいると、子ども達は夫のところに行きます。

いいんですが、毎日お世話をしてるのは、こっちだろうが!と思いますよね。

私と一緒にいる時には見せない、飛び切りの笑顔を、夫には見せている。

夫といる時は本当に楽しそう。

きっと、私なんかより、父親の方が好きなんだろうな。

 

 

なんだか、やるせない気持ちでした。

 

 

ある一枚の写真が、如実に物語っています。

子ども達がとても小さかった頃、写真館で写真をとってもらった、ある一枚。

長男と長女が、夫の体によじ登って笑っている。

私にはそんな顔も見せてくれたことはないし、そんなに抱きつかれたこともない。

何ともいいようのない、ジェラシーを感じました。

 

 

私といえば、毎日毎日が辛すぎて、大変すぎて、楽しいと思ったことなんてありませんでした。

笑うこともありませんでした。

 

 

でも、時々笑うこともあったんですよ。

それは、どんな時かって?

夫が家にいる時です。

私以外の大人が、一緒にいる時です。

こんな時だけ、私は子どもの事が可愛いと思えたのです。

笑顔でいられたんです。

 

 

だからね、子どもが可愛く思えないのは、自分に余裕がないからなのですよ。

子どもは、当たり前にかわいいです。

愛しいです。

それを狂わすほどに、余裕がなくなるんです。

特に、2歳児の母親って、超絶余裕がなくなるんですよね。

 

2歳の子供が可愛くない?

 

最も辛かったのが、長男4歳、長女2歳、次女0歳の頃でした。

2歳の長女が可愛くなくて仕方がなかったのです。

0歳の赤ちゃんはもちろんのこと、長男もまだまだ手がかかる。

2歳の娘からしたら、まだまだ母親に甘えたいのに、私が赤ちゃんの世話ばかりしているので、さぞかし寂しかったと思います。

そんなやるせない気持ちも持っていたと思います。

そして、ちょうど重なった2歳児特有のイヤイヤ期。

 

 

何をしても、朝から晩まで、びーびー、びーびー、泣いていました。

本当にちょっとの事で泣き叫ぶんです。

もう、本当に可愛くなくて、仕方がありませんでした。

 

どんどん、どんどん、娘の事が嫌いになるんです。

娘を触るのさえ、抱っこするのさえ、嫌だった時がありました。

可愛く思えない。

むしろ憎らしい。

 

 

 

ひどすぎますよね。

寝顔はこんなにかわいいのに。

いつも、寝顔にキスをして、ほっぺとほっぺをすりすりして、謝っていました。

こんなにかわいいのに、どうして愛してあげられないんだろう。

本当に悲しかったです。

こんな親に産まれてきて、かわいそうだったね、って思いました。

本当に、どうしたらいいか分かりませんでした。

 

 

自分はおかしいのだろうか?

 

 

いえ、おかしくなんかありません。

だって、自分の子供が可愛くない訳がないじゃないですか。

当たり前に可愛いですよ、そりゃ。

自分だって、優しいママになりたい。

優しく子供に接したい。

子供と笑いながら、楽しく暮らしたい。

でも、どうしてもできないんですよね。

 

 

子供が可愛く思えない状況、それは、自分に余裕がないってことです。

 

 

だったら、どうしたらいいのでしょう?

 

ストレスを減らすためにできることは?

 

子供が可愛くないと思うほどストレスを持つあなたが、そのストレスを減らすためにできること。

それは、あなたが孤立しない事です。

誰か一人でもいいから、共感しあえる人を見つけて下さい。

 

 

私は、この大変な時期、どうにかこうにか乗り越えられたのは、同じように苦労しているママ友がいたからです。

夫に期待は、はなからしていませんでした。

だって、もう、早く帰宅するのは無理なんですから。

幼稚園のママ友と少しの時間でもお茶を飲んだりしながら、育児の大変さを語る時が、一番楽しかったです。

自分と同じように、発狂しながら子どもと格闘しているママがいると思うと、自分だけではないと思えました。

ひとりではない。

力が湧いてきます。

ママ友に愚痴ったからといって、劇的にその辛さが変わる訳ではありませんよ。

家に帰ればまた戦争だし。

でも、ストレスは軽減されます。

どこかのママ友の家で、子供と一緒にお邪魔して、遊んでくる。

そのたった1時間でも気分転換になります。

あ~、楽しかったね、って、明るく帰宅できます。

 

 

とにかく大事なのは、一人でその黒い感情をためないこと。

そして、子供が可愛く思えないのは、自然だよ、って事です。

あなたが悪いわけではない。

あなたは十分がんばっています。

だから、そういう大変な時期にいるんだって、ただそれだけなんだって、思っていて下さい。

すぐにその大変さは抜けますから。

 

まとめ

 

子供を可愛がれない時期があってもいいのです。

それはほんの一瞬。

子供が少し大きくなって、落ち着いてきたら、一緒におしゃべりしたり、おでかけしたりして、楽しい時間をシェアできるようになります。

あの時のブラックな自分のことなんて、忘れてしまいます。

 

だから、今だけ、がんばって!

 

 

 

 

 

アキ

山に囲まれた田舎での暮らしをしながら、3人の子育てをしています。”ママの元気が地球を救う”がモットーです。元気にゆるゆると発信していきます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です