新生児の夜泣き。

大変すぎて、こちらが逆に泣かされます。

親子で泣いちゃうこの時期。

どうしたらいい?

答えはこれ。

「腹をくくるしかない」

これだけ!

 

新生児の夜泣きが止まない?

 

産まれたばかりの赤ちゃんが、夜泣きをして、全然寝てくれない。

本当に辛いですよね。

たくさんのママ達が悩まされています。

こんな小さな体で、どうしてここまで泣くんでしょう?

 

 

いろいろと工夫をしてみたりします。

 

昼間寝かさないようにすれば、夜、がっつり寝てくれるんじゃないかとか

 

日中、太陽にあてたら、夜もぐっすり寝てくれるんじゃないか、とか

 

でも、いろいろやってみてもダメなんですよね。

 

 

我が家の3人の子ども達も、本当に3人とも、新生児の時は決まったように、泣き止まない時がありました。

産まれてすぐから約1か月間、何をしても毎晩泣いて泣いて、泣き倒しました。

 

初めての子どもの時、あまりにも泣きすぎて、そして泣き止まな過ぎて

 

 

もう知らない!

 

と、背中を向けて寝てしまったこともありました。

 

こんなに子どもを育てるって、大変なの?って。

 

誰か、代わりにやって欲しかったです。

 

どこか、産んで終わり、って思ってました。

でも、産む事はほんの序の口。

これから、長い長い道のりがあったのですね。

 

 

 

怒りに任せて、子どもを抱っこして縦に振ったり、横に振ったり、

「もう~っ!!」

って、悪態つきながらゆらゆらしたり、

真夜中に赤子を抱きながら、部屋中を孤独に歩きまわっていました。

 

 

何をしても寝ない。

 

そして、2番目の子も、3番目の子も、全く同じように、何をしても夜泣きが止まらない時期がありました。

 

その頃旦那は仕事が超絶忙しくて、帰宅は毎日午前様。

 

その旦那に泣きながら電話したこともありました。

 

「もう、いい加減、帰ってきてよ!!」

 

助けてほしかったです。

 

変わって欲しかったです。

 

そのくらい、何をしても泣き止まない、夜泣きの時期がありました。

 

そもそも、なぜ夜泣きをするのですかね?

 

 

新生児の夜泣きの原因は?

 

睡眠には、深い眠りの「ノンレム睡眠」と

浅い眠りの「レム睡眠」があります。

大人の場合、睡眠の8割が、「ノンレム睡眠」なので、多少の音などでは目を覚ますことはありません。

 

でも、新生児の赤ちゃんは、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の割合は、まだ半々なのです。

なので、少しの事でも眠りから覚めてしまうのですね。

何か不愉快な事があったり、夢を見たりして、起きてしまうのです。

 

オムツをきれいに変えても、おっぱいやミルクをあげても、全然泣き止まないのです。

そういう事じゃないんです。

欲しいのは、おっぱいやミルクではないんですね。

目が、覚めちゃうんですね。

 

目が覚めちゃうなら、静かにひとりで覚めていてほしいですけどね。

 

なんか、訴えているのしょうね。

 

 

 

それが分からないから、困っちゃうんですよね。

 

なので、もう

「そういうもんなんだ」

と、腹をくくるしかないのです。

 

我が家の3人の子ども達は、3人とも、この新生児の夜泣き時期が面白いように同じで、それぞれ1か月間続きました。

 

辛かったです。

眠れませんでした。

誰かに代わって欲しかった。

 

でも、いつの間にか終わっていました。

時が来るのを待つしかないんですね。

 

では、その夜泣きが終わるまでの間、どのような対策をとればいいのでしょうか?

 

新生児の夜泣きの対策は?

 

夜泣き対策は、腹をくくるのみ。

これっきゃありません。

 

夜泣きは、赤ちゃんの生理的なものなんです。

 

人間になるために通る道なのです。

 

なので、付き合ってあげるしかないです。

 

でも、これだけは覚えておいてください。

 

「永久には続かない」

 

赤ちゃんが発達していくために、必ず通らねばならぬ道なのです。

 

なので、赤ちゃんを泣き止ませることはできません。

 

できる事といえば、時々パパに代わってもらう事位ですよね。

 

だって、ママひとりでは、壊れます。

 

パパだって、責任があります。

 

パパなんですから。

 

一緒にやってもらって下さい。

 

もしパパが手伝える人ならば。

 

それから、日中赤ちゃんが寝ている時に、一緒に休んで下さい。

少しでも体力を回復させて下さい。

 

 

「やるっきゃない!」

 

ほんとに、言えるのはこれだけ。

 

でも大丈夫。

 

永遠には続きませんから!

 

 

まとめ

 

親子で泣きながら、赤ちゃんを抱っこしながら、夜中に家を徘徊していたあの頃。

懐かしいです。

つらいけど、ママ、がんばって!

みんな通る道です。

いつか終わりますから!

 

 

 

 

 

アキ

山に囲まれた田舎での暮らしをしながら、3人の子育てをしています。”ママの元気が地球を救う”がモットーです。元気にゆるゆると発信していきます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です